メーカー系中古車販売店の特徴

バナー

メーカー系中古車販売店の特徴

  

中古車販売店にはディーラーなどメーカーの販売店や専門の販売店がありますが、それぞれに特徴があるため購入には特徴を踏まえて選ぶことが大切です。

メーカー系中古車販売店では、自社の車に強いという特徴があるため、整備に関しても安心感があります。基本として点検整備渡しとなっているため、購入後にも安心感があると言えます。

もちろん長期保証が付けられているため、不具合があってもクレームの対象になるケースがあり、維持費などの経済的な面でもメリットが多いと言えます。



メーカー系中古車販売店は新車ディーラーとのかかわりが強いため、販売価格が高い傾向があります。新車購入時の下取り車を販売していることが多いため、割高な車が多いと言えます。


その分保証が付けられていたり整備をしてから販売しているため、価格の高さを補うことも可能だと言えます。



一般の販売店では現状渡しが基本ですから、販売している状態での購入となります。

車検を取得する場合でも車検に必要な最低限の整備しか行いませんし、不具合があった場合には自己負担で修理することになるのです。

メーカー系中古車販売店では、自動車製造メーカーの名前を背負っている訳ですから、しっかりとした車を販売する責任が求められるため、販売している車にも点検整備渡しという形で対応しているのです。
安く購入できることで一般の販売店の方がメリットは高いと言えますが、逆に車両の見極めはシビアになると言えます。